アーケード オトメディウス

ここでは、「アーケード オトメディウス」 に関する記事を紹介しています。

最後のアケ版オトメ
<さようならアケ版オトメ>
「アーケード オトメディウス」。このカテゴリの更新も、恐らく今回が最後になるだろう。というのも、本日をもってe-AMUSEMENTサービスが終了となり、約4年続いたアケ版オトメの幕が下ろされるからだ。

2週間ほど前、東京駅に用事のあった私は、その途中アキバにより、最後のアケ版オトメをプレイした。やり納めだ。楽しかった時の事を思い出しながら、VSとシングルを1回ずつ、しみじみと。キャラは一番最初に持ちキャラだった、トロン。BGMを体全体使って聴ける。アケ版の好きなところだ。いいねいいね楽しいよ。色々あったねアケ版オトメ。


<アーケードの思い出>
・・・・・
3年前、ストⅣをやりに出かけたゲーセンで見つけたのが始まりだった。

一通りキャラ使ったら、ティタが出てきて、何かがキレた。アクアレーザーとエキスパートS評価獲得に躍起になって、週に2、3はゲーセン出向く生活が始まった。

一緒に始めた友人。2人して車でわざわざ何十キロも離れたゲーセンに遠征までした。あれは実に良かった・・・!

箱○に続編のG登場。そっちに夢中になって、ゲーセン行っても、アケ版に見向きもしなくなった友人。対して、いつまでも筐体から離れようとしなかった私。

雪が降り、道路が凍結しても、構わず自転車で通い続けた。

行く途中で財布落として、1万円パクられたこともあったっけ・・・。ヒドい話だ。

Gの続編が出る、家庭用のみ!との噂を聞き、ここでよーやく箱○に移行。Co-opの面白さに開眼。友人と同じように、アーケードとは次第に疎遠になっていった。
・・・・・


<欠点あっても>
アケ版オトメにはCo-opがない。イースター島もない。VCやメッセのやりとりもなく、仲間を作るのも難しい。最近まで粘り強くプレイしていたのは、一部のVS勢くらいのものだろう。何らかの理由で箱○を持っていないという場合を除いて、ゲーセンの雰囲気が好きだという場合を除いて、あえてアケ版にこだわる理由は見つからない。

欠点はあった。それでもアーケードのオトメディウスは、楽しい思い出で満たされている。本当だって。今までありがとう、お疲れ様でした!
久々のオトメアケ

所用で東京駅へ向かう途中、アキバで途中下車。久々にアーケードのオトメをやりましたねー。
オペレッタ「はじめまして」。前回プレイから間が開きすぎて、データ消失。ティタいねぇ!


まずはマズルカと名前入力(前は別の名前)、タッチパネルが懐かしい。自分PCモニタでGやってるんですが、アケから箱○に移行した直後は、何度PCモニタをタッチしそうになったことか。


先日のGプレイでの圧勝冷めやらず、VSミッション、ジオールで参戦。何と対人戦になりました。お相手の天使階級は当然最高位。


ボロ負け。過去最低のボロ負けです。
スピード超遅い。避けれない。セミオートになってる。オプション取れない。やっと1個取ったら墜ちてバイバイ。ボスに弾当たらない。云々、とにかく何も出来ない。
10万点で終了。圧倒的3位!相手に申し訳ないことしてしまったなー。数ヶ月後、撤去されず、まだしぶとく稼働してたら、再び飛ぶことに致しましょう。
トロン

定価約¥4700のトロンフィギュアが、破格の¥500(新品)で投げ売りされていたので、確保した。投げ売りされてるくらいだから大した出来ではないのかと思いきや、結構良かった。
落書きする上での最高の資料だねこれは。自分はティタしか描く気ないケド。


ビシバシ

少し前、ビシバシやってきた。
オトメの亜乃亜を使用キャラとして選べ、オトメのミニゲームが遊べ、オトメのBGMが流れたりもする。1人でビシバシ!と遊んでみたものの、やっぱり寂しい。3人でわーわー言いながら遊ぶべきゲームだ。
ファン
超ワイド

STAGE1の最初の編隊に殺られる虚しさを君は知っているか
このようにたべるのだ
沙羅曼蛇ファンお馴染みのネタ使用なのだ

意味の分からない人は↑の動画を観れば笑顔になれるのだ