マズルカのひとりごと

ここでは、「マズルカのひとりごと」 に関する記事を紹介しています。

Twitterで既に告知致しましたが、残念ながら今度の夏コミは落ちました。次回参加予定イベントは、10月15日(日)の こみ1 になります。よろしくお願い致します。

夏コミは仕方ないので、一般参加します。2日目と3日目です。遺憾ながら本は出せませんが、あの夏の狂った雰囲気は味わいたい!3日目に私が師匠と崇めるMoo.念平先生が出るようなので、ファンレター(イラスト)を描いて渡しに行くのが、一番やりたい事。


前々から言っていた事ですが、私はサイト運営と、同人執筆での自分の名前を別にしたいと思っています。Marslukaは、サイト運営用に引き続き使うとして、同人執筆では別の名前を使いたい・・・のですが、思いつかず、はや数年。
この前、ようやく「これいいんじゃないか?」と思いついた名前が、既に使用済みなのを知って、がっかり。うまくいかないものだ。
▼2017年、あけましておめでとうございます。
先日の冬コミでは、出した新刊が無事完売。購入してくれた方々、ありがとうございました。
次は4月30日(日)の、COMIC1☆11 に参加予定です。

冬コミで頒布したその新刊が、即ヤフオクに流れました。一人が3冊出品とか。
最初から転売目的で購入される方が複数いるようで、当然いい気分はしません。
なので次回のイベントは、一人1限か2限で頒布するかもしれません。



▼辻野寅次郎さんの画集が1/27に出るようです。今さっき知りました。
あれ、Amazonのリンク貼るのどうやんだっけ。
当然購入しますよ。

自分はZIRIA~カブキ伝の頃の絵が大好きで、それの影響受けてます。勢いがあって、丸っぽくて。
リメイク時は、角ばった絵柄になってましたね。オリジナル発表当時と全然違います。

ファミコンのレイラほどではないにしろ、天外も多少苦労して資料集めしました。(絵の参考に)
それでもまだ見たことない絵が載ってるといいなー。
いつもお久しぶりです。

近いうちに、同人ネタだけを分離した新サイトを作ろうと思っています。
または、それが難しいようであれば、Twitter一本とかに。

このサイトは、ゲーム攻略記事だけ残してこのままにしておくか、削除するか、少し考えておきます。
▼PCもゲームもないホテルに泊まって、かといってケータイ触るのも好きじゃないから、見なくなったTVなど付けてみて、普段なら気にも留めないアニメを垂れ流す。TOKYO MXね。ベッドに横になって酒呑みながらそれをボーっと眺めて、飽きると音量下げて、酒呑みながら小説を読む。足元の窓には、明かりの消えた深夜のスカイツリー。展望台?周りのぐるぐる回る白いライトと、申し訳程度に柱に添えられた小さいライトだけは点いていて、暗がりに浮かんで見える。
そんな風にしてると、ようやく本来の自分に戻れた感じがしてくる。過ぎたるネット浸りとゲームに加え、日常の雑事に翻弄され、一人静かにものを考えるのを久しく忘れてしまっていたと感じる。
(ミニマリストになぞなりたいわけではないけど)情報は拾う事よりも捨てる事の方がむしろ重要である。その辺を今一度よく考え実践できればいいのだけど、これが難しい・・・。


▼コミティア覗きに行ったの何年前だ。10年くらい前か。この前いい同人誌を見つけて、その流れで久々にコミティアに行ってみたくなっている。次回は11月15日か。・・・その日休みだな。覚えておこう。


▼アニメはゆるゆり3期だけ見てる。
それでも町は廻っている 10 (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている 10 (ヤングキングコミックス)
(2012/07/30)
石黒 正数

商品詳細を見る

『それでも町は廻っている』10巻 収録
第79話 『歩鳥の戦争』


~あらすじ~
タッツンの弟がネトゲ廃人になってしまった!
やってるゲームはイマージュオンライン。
歩鳥とタッツンは、同級生のオタク系男子・七瀬(β版からイマージュオンラインをやり込み、今は惰性で続けてる)
らの助けを借りて、タッツン弟をネトゲの世界から引き戻す計画を立てるのだった・・・。


作者・石黒先生は、それ町連載が始まったばかりの頃(2005年)、ウルティマオンライン(UO)をプレイしていたそうな。
仕事が忙しくなってしまい辞めてしまったが、楽しかったなぁ・・・と、あとがきにある。


作者の楽しいと寂しいの気持ち。
実際にもう終わりかけているUO。
そのUOをやる機会に遂に巡り合えず、解放される事なく終わる、私の胸中の淡い憧れ。
長い間遊びに遊んだオトメ、マイクラ、テラリアの世界から、共に遊んだ友人らの影は消え、その多くと、もはや逢う事も無いであろう事。


そういう事情から、『歩鳥の戦争』は、多数あるそれ町おもしろ回の中でも、特に感動するし、読み返しの多いエピソードです。