VX SAのセイミツ化も完了して、オトメも普通にプレイ出来るようになった今も、ドラクエ2は続けている。
やってるのはファミコン版だよ。3もだけど、どうもスーファミ版(リメイク)のドラクエって、私の肌に合わないのだ。BGMが特にかな。
大体寝る前に横になりつつプレイしていて、故に当然と言うか、緊張感の薄い海上にて、2度寝落ちした。尺の短いゲームなので、もう終盤辺りまで進行している。

そんな状況の中、何年も前からプレイしたかったFM-TOWNS版『エメラルドドラゴン』が、もしかしたらプレイ出来るかも?というチャンス到来。そうなったら、流石にドラクエ2も中断入るね。タムリンレーザー撃ちてぇ。
『VX SA』の三和パーツを、セイミツパーツに換装するぞ!


<参考>
http://p.tl/y1mF
http://p.tl/0BAr


<セイミツパーツ>
セイミツ換装1
<レバー>
①ジョイスティック LS-32-01 (LB-35 白) ¥1,300
②クリアレバーボール 35φ LB-39 スモーク ¥170

<ボタン>
③PS-14-KN グリーン/レッド/ブルー/イエロー ¥230×4
④PS-14-KN クリア ¥230×4
⑤PS-14-D-N 同色 白 ¥140

運賃+代引き手数料込み、合計金額 ¥4,830


<工具>
セイミツ換装2
購入先:100均
①#2 プラスドライバー ¥105
②6mm マイナスドライバー ¥157

購入先:ハンズ
③M4(ピッチ0.7mm) タップ ¥330
④M3-6 タップホルダー ¥1023
⑤タップ・ドリルオイル ¥504

合計金額 ¥2,119


<作業工程>
セイミツ換装3
まず底板を外す。メーカー保証の対象外となってしまうが、止むを得ない。

スタートボタンから配線を引き抜く作業。・・・引き抜けない!
慎重に慎重に、やっと引き抜いて、次はスタートボタンを外す作業。・・・外れない!異常に固い!!
「何だよコレ!」とか力みながら、苦心してよーやくボタンが外れた。ヤケを起こして雑にやってはパーツを壊してしまうし、かといって力まないと外れないしで、容易じゃない。

続いて、外した三和・スタートボタンに代わって、セイミツ・スタートボタンを取り付ける作業。
こちらも例に漏れず、ネジをしっかり締めるのに結構な力を要し、指を痛めながらに、どうにか取り付け。


セイミツ換装4
4つ目のボタン辺りで徐々にコツを掴んで、1時間半ほどかけて、9個のボタン全てをセイミツの物に取り替えた。
慎重にやったつもりでも、外したボタンに少々の痛みは出てしまった。
指の痛みと空腹の回復を計るため、ここで一旦小休止。


セイミツ換装5
食事を済ませたら、今度はレバーの付け替えだ。
今回作業するに当たって、最も不安だった、タップでねじ山を作るところ。
オイルを垂らして、ゆっくり・・・と回す。間違えて天板まで貫かないように、ちょこちょこ確認。


セイミツ換装6
ねじ山作りを終えて、「ホントに大丈夫なのか?」と怪しみつつ、セイミツのレバーにねじを入れる。
すんなり回っていくねじ、どうやら問題なかったようだ。
これでボタンとレバーの換装、完了!


<新たなる『VX SA』>
VX-SA 購入
こちらは換装前の、ノーマル『VX SA』のお姿。


セイミツ換装7
そしてこちらが、セイミツパーツに換装して生まれ変わった、NEW『VX SA』(私専用オトメ棒)。
スタートボタンの色、レバーボールに合わせて、黒でも良かったね。
作業時間は約2時間半。パーツ・工具の材料費の合計金額は¥6,949。

これで操作面でのかなりの強化が図れたハズで、予想以上に掛かった経費にも、文句など言わぬ!
テストして、一応動作に問題ないことも確認した。
いよいよ始まるぜ、オトメの第二章が!
ジミーダッシュボード


ジミーパーティ


パーティだ!

どうも私です。

▼ここ最近はオトメの落書きしてまして、他の事殆ど出来てません。これ終わったら、また天外の方にベクトル戻ると思います。


▼先日購入した箱○スティック『VX SA』ですが、慣れるトコまで行ってない段階で、オトメCo-op死にまくり状態。換装予定のセイミツレバー・ボタンが届くまで、いっその事、全くプレイしないことに決めました。


▼ってことで、オトメの代わりにドラクエ2始めました。何故かザコに集中攻撃されまくる、すけさん。

先ほど玄関にゲジゲジ(よろいムカデ)出まして、オーブンで圧殺。
続けて玄関先になめくじ(おおナメクジ)出まして、塩ふりかけ殺。

バーチャルでもリアルでもドラクエ2な一日でした。
VX-SA 購入

本日より、私もスティック勢の仲間入りです。
買ったのは、HORIの『リアルアーケードPro.VX SA』。1万3千円ほど。
第一印象は、「軽っ!」と「意外と安っぽいな 笑」。

現在、格ゲーブームの影響で、アケステの入手困難な状況が続いています。今後も続々と注目作のリリースを控えており、この状況はしばらく続くものと思われます。私は運良く、近場の家電量販店で確保出来た次第。

『VX SA』のレバー・ボタンは、三和製。ホント言うと、レバー・ボタンがセイミツ製の『VX SE』が欲しかったのです。Amazon限定商品で、買おうとした矢先に品切れ。HORIに問い合わせたところ、「今のところ、生産予定はない」って言われちゃった。

三和とセイミツで何が違うのか、簡単に言うと、「STGをプレイするなら、セイミツの方が向いている」。ただし、三和でマズい何て事は特になくて、通称『オトメ棒』 参考URL:http://p.tl/M6Ua は、レバー・ボタン共に、三和製となってます。となると、アーケードのオトメ筐体も、出荷時は三和パーツを採用してた可能性もあるわけで、オトメG&Xを『VX SA』でプレイしても、全然OKなワケですよ。

ただ、やるなら徹底的にやりたい。近々、レバー・ボタンを、セイミツのものと交換するかもしれません。フタ開け→メーカーの保証外というマイナスがあってもね。

という事で、アケで経験済みと言っても、スティック操作に慣れるまで、墜落率は以前より高まることでしょう。「エスメのオプション伸ばし」、これを以前以上に上手く出来るようになるのが、目下最大の課題です。
<オトメ祭りの変遷>

第1回 
日にち:6/4(土) 参加人数:6人

私、リアフレ、Hさんの3人でパーティ組んで飛ぶ約束が、リアフレの急用でオジャン。
空いた穴に誰か呼びましょうかとなって誘いをかけたところ、予想以上に集まり、6人祭りに。
とても楽しい。今後もやりましょう!
これが全ての始まり。


第2回
日にち:6/5(日) 参加人数:7人

第1回の翌日に開催。


第3回
日にち:6/11(土) 参加人数:7人

続々とヘッドセットを準備・購入してくれ、初の全員VCアリ祭り。


第4回

日にち:6/12(日) 参加人数:8人

パーティ人数上限の8人が揃う。


第5回
日にち:6/18(土) 参加人数:10人

開催頻度を週2から週1に減らす。
『沈黙の華風魔事件』勃発。


第6回
日にち:6/25(土) 参加人数:8人

ストラーフ祭り。


第7回
日にち:6/26(日) 参加人数:8人

Lさん主催。週1の約束が、いきなり破られる。


第8回
日にち:7/3(日) 参加人数:失念

翌週は開催しなかった。


第9回
日にち:7/16(土) 参加人数:15人

オンしてるフレで、手の空いてる人、来そうな人からとっ捕まえるという、『不意打ち形式』を破って、前日に「明日祭りやるよ」と告知。
上限8人の1パーティでは、入りたくても入れない人が増えてきたのを受け、初の2パーティ編成祭りに。