上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
C85サークルカットブログ掲載用ver.2

C85申込〆切一時間前に、↑のサークルカットに差し替えた。
ギリギリ過ぎて心臓に悪い。

「成人向」の文字を「男性向」に変えたのであった。

天外Ⅱのファンは、もう大分落ち着いた大人な方が多く、内容が男性向のつもりであっても、抵抗無く買ってくれる女性の方が結構います。
だから自分としては「男性向」ではなく、広義に「成人向」としたいのが本当のところ。
しかし、ジャンルコードでは「男性向」と表記されている。
自分でも気にし過ぎだと思いながらも、少しでも不安要素を取り除くべく、修正した次第。

珍しく細い線でペン入れしたのはマズかった。
トーンもグレースケールにした方が良かったかもだが、私はグレスケの、あのベタっとした感じが嫌いなんじゃー!
この2つは、時間的に(能力的に)解決できず、据え置き。

申込で、これだけ神経質になったのは初めてかもしれない。
それだけ自分のくじ運の悪さを呪う日々に、飽き飽きしているのだ。
スポンサーサイト
残暑見舞い申し上げます。マズルカです。

C85サークルカットブログ掲載用

冬コミ(C85)、申し込みました。
ジャンルコードは200、3日目(2013/12/31)のゲーム(男性向)です。

C85ジャンルコード一覧
http://www.comiket.co.jp/info-c/C85/C85genre.html

私、これまで200に天外Ⅱで3回応募して、3回とも落選しております。
受かったのは、ジャンルコード320、ゲーム(RPG)で応募した時の、ただ1回きりです。
それほどに、200の倍率が高いという事でしょうか。
ここぞという時の引きがホント弱いなぁ自分。

同じゲーム系でも、2日目の320と、3日目の200では、客層もサークル層も大分違います。
320で応募した方が遥かに受かり易いでしょうが、新刊は男性向のを描くつもりでいます。
迷った挙句、懲りずに200で応募した次第です。
正直かなり疑心暗鬼に陥っているのですが、こちらに誤りがないのに折れるのも変なので、殆ど意地になって200!です。
3度ある事は4度あるではたまらないと、いつも以上に注意して申し込み欄を埋めました。

当落は、11/2頃に判明する模様。
なお、11/10のゲームレジェンドには、今のところ参加予定はありません。
WS001338_20130807220200fd9.jpg

この夏、苦手な色塗りと、下絵から全部デジタルで描く練習をしよう。
そう決めて、SAIに手を出した。
Win7 64bitの環境だが、今のところ問題なく動作していると思う。


ファミコン30周年を記念して出た『超ファミコン』という本を、ちょっと立ち読みしてみた。
『超クソゲー』って本と、構成はほぼ一緒。
立ち読みした限りでは、金出して買うほどの価値は見出せなかった。
ネットで十分です。

『ゲームセンターCX V』って本は、サイト紹介用に、そのうち買ってもいいかな。
本棚に、参考にするための同人誌が収まっている。
数を数えたら、65冊あった。

ジャンル買いしてた昔が信じられない。
そうやって集めた同人誌は、もう殆ど手元から消えてしまった。

今は、「誰が描いたか」「真似たい絵か」の方が、遥かに重要。
だから65冊の中には、全然元ネタ知らない同人誌とかも混じっている。

よくオトメディウスで一緒に遊んでるフレンド達。
皆揃ってマニアックなのだが、同人誌に手を出してる人は、意外に少ない。
同じくらい重度のファンでも、同人誌への興味の差に開きがあるのは、どうしてだろう。
気になるテーマなので、今度色んな人に質問攻めしてみよう。


もう15年以上前の事だろう。
何かの雑誌の、同人誌を紹介するコーナーだ。
そこで紹介されていた、「セーラームーンのプルートが、楽しい目に遭ってる1コマ」が、未だに脳裏に焼きついて離れない。
可愛い系の絵柄であった。
あの同人誌の詳細が知りたい。
当時と今じゃ、同人の平均レベルは大分違う。
美化して記憶してるかもだが、当時はかなり巧く見えた。
これだけ長く憶えているのだから、何かしらあるハズだ。
夏コミにあぶれたのは残念としか言いようがない。
やる事がなくなって、代わりにアステリアのレイラの更新に、沢山取り組んだ。
その甲斐あって、ブログ時代から数えて7年経つが、ここにきて初めて外側から情報提供とイラスト提供を受ける事が出来た。
ちゃんと観ていてくれている人がいるという事か。
落選の慰めとしては、十分過ぎるくらいだ。

今度、「ファミコンのギャルゲー」という記事を書こうかと思っている。
レイラの発売された1986年というのは、ファミコンのギャルゲー黎明期。
簡単に言うと、①ワルキューレ、②スペースハンター、③マドゥーラ、④レイラが、その四天王。

ワルキューレ>>>>>マドゥーラ>>>越えられない壁>>>レイラ>スペースハンター

認知度・人気度はこんなところだろう。
四天王と言うには、余りに差が開いている。
私は、レイラのファンサイトを盛り上げる事で、レイラの位置を以下の如く変動させたいと願っている。

ワルキューレ>>>>>マドゥーラ≧レイラ>>>越えられない壁>>>スペースハンター

何とか、マドゥーラの位置まで引き上げてやりたい。
ワルキューレはもはや別格なので、眼中に無し。
スペースハンターは、他の人に任せた。

まぁ、他の作品と比べてるようだから、自分もまだまだ甘い。
飲み会の席での戯言程度に流してもらいたい。
真面目に受け取らないように。
もっと多くの人にレイラを知ってもらいたい、好きになってもらいたいというのは本当だ。


ルーンファクトリー3は、さくやと結婚して、ENDロール。
これでストーリーモードは、クリアしたって事なのかな。
まだクリアしてないダンジョンが4つくらいあるし、ほっとけばそのうち子供も産まれるのかもしれない。

さくや以外の女の子も、残らず恋愛感情MAXだったが、さくやと結婚した事で、楽しくも恐ろしい修羅場展開!・・・はなかった。
けっこうアッサリで残念。

さくやの宿2階に泊まっている、行商のユエが可愛くて気になった。
この娘とは、結婚できない。
結婚したければ、前作ルーンファクトリー2を買わねばならないのだ・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。