PCE天外魔境62 カブキ伝プレイ日記part4

ここでは、「PCE天外魔境62 カブキ伝プレイ日記part4」 に関する記事を紹介しています。
<クイーンズ~ロンドン塔>
世阿弥と入れ替わった富士山。天外Ⅱの極楽をいつももう一つ活躍させれない自分は、同じデブキャラの富士山が単なるお荷物になるんじゃないかと不安だった。このせいでいきなり難易度上がるんじゃなかろうかと。
予想に反して富士山は、万能キャラの世阿弥に負けず劣らずの強キャラで、奥義の百張手と禁じ手が使える使える。特に禁じ手。ウニョーと合わせて使えば超凶悪。①ウニョーで命中率下げ→②禁じ手で通常攻撃以外禁止→③身動き取れなくなったところを袋叩き。四つの大聖堂、それからロンドン塔のボス達は、殆ど全てこのパターンで楽勝した。

ka15_20100705153205.png
桜の髪飾りにHP回復効果があるのを見つけて3人に持たせたので、回復面も万全。負ける要素はない。


<VSガープ>
ことある度に「我が名はガープ 魔法ガープ」。宣伝に余念のない、正に選挙シーズンにうってつけのボスと言える。しかも戦闘は3連続。しつこ過ぎる。

1回戦目
ウニョー+禁じ手の黄金パターンで攻める。しかしさすがラスボスだけあって、中々かからないし、かかってもすぐ解けてしまう。運悪く連続攻撃を受けて、1回敗走。段上げをちょっとした後、また同じ戦法で挑んで勝利。

2回戦目
ウニョー+禁じ手はダメだと早々に諦め、桜の髪飾りを使って回復しつつ、隙を見つけて攻撃という作戦で行った。長い戦闘時間の大半は回復作業で、ひたすら我慢、その甲斐あって1回で撃破。

3回戦目
強制負けイベント(?)を経て、1回目は奥義の使いどころを誤り敗走。2回目は阿国の武器(何か忘れた)の特殊効果・疾風をカブキにかけて、力王を上乗せして連続攻撃で勝利!
28時間20~30分でクリア達成!!


<まとめ感想>
天外Ⅱで主役張りの存在感を見せたカブキ。脇役で終わらすには勿体無い、人気もあるし今度はカブキを主役にしたゲームを作ろう!と開発スタッフが思うのは必然。そして出たのも必然。仮に出なかったとしたら、「カブキが主役張る作品も観たかった」と多くのファンが惜しむのは必然。

そうやって出るべくして出たゲーム、カブキ伝。17年も昔の話だ。
当時ならば前作天外Ⅱと同じかそれ以上の面白さを期待してプレイするのは必然だが、全てが終わった今ならば、それは無茶な話だ、外伝、そうオマケゲームとしてプレイすれば楽しい作品なんだと寛容になれる。これにつきる。

第四の黙示録、それとサクラ大戦の布石となった意味ある作品には違いない。
個人的には、好きな天外Ⅱと殆ど絵柄が一緒なドット絵を沢山拝めたのがプレイした意味あったと一番思える処だ。
おわり
[削除]
コメント
この記事へのコメント
いつの間にか色入ってますね。
この二人にしても華奢で髪長でぱちくり美女は天外絵師の真骨頂です。
腹筋はこのシリーズくらいが一番良い。スト系まで届かないところ。

あと、冨士山って地味な癖にそんな奴だったんだ・・
ゲームって本当、リアルタイムが肝心ですね。ファミコンソフトで飛んでた頃に戻りたい・・
2010/07/10(土) 23:47 | URL | マンジ・マル #-[ 編集]
まだ色塗り途中です (笑

カブキ伝の場合は後追いプレイで良かったと思っています。
2010/07/11(日) 00:12 | URL | マズルカの回廊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jungfraujoch.blog33.fc2.com/tb.php/409-626643d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック