PCエンジン ロードス島戦記初プレイ

ここでは、「PCエンジン ロードス島戦記初プレイ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロードス島戦記0
ロードス島戦記 (CD-ROM²/92年)

http://www.amusement-center.com/project/egg/cgi/ecatalog.cgi
「Project EGGのカタログに5つ出てるPC-98のロードス島戦記、どれか落としたいな」
というのを発端に、一まず試しとして、自分のメインエリアCD-ROM²版の具合を観てみることにした。


ロードス島戦記と言えば、まず有名なのはラノベですか。
私は読んだことない。高1で止まったラノベ読みが再開するとは思えないから、今後読むこともないだろう。

アニメ(OVA?)も、割と有名ですね。
私は観たことない。こっちはいつか一回は観そうな予感はする。

て感じで、ロードス島戦記の予備知識は、「ドリキャスのゲームで遊んで、それが面白かった」程度しかない。


ゲームを開始してすぐ、ドット絵の質の高さに目を惹かれる。下絵がよほどしっかりしているのが分かる。

主人公の名前は パーン というらしい。
身体の丸い友人と街へ出掛け、楽しい目に。
殴る武器屋
殴る武器。切る武器。突く武器。
何と斬新な分類だろう。殴る武器を選択すると、

殴る武器屋です
どうしますか?


これ戦闘画面だろ。
コマンドに「殴る」がないのが、残念でならない。


癒された2人は、その後村長の娘救出の依頼を「はい いいえ」の択が出るまでもなく即受けし、森を目指した。

果たして戦闘はどうだろう。
エメドラ方式の、質素な戦闘画面だ。BGMは今一つ盛り上がらない。

念のため丸い友人のレベルを一つ上げておく。順調に進行して「簡単だぜ」と思いきや、森入場直後、破裂音が袋叩きにあって死亡。
蘇生後出直すと、「ここは危険よ!早く立ち去って!」の遅めの警告。
エルフのディードが仲間になった。
ディード
エルフの代名詞キャラの名に恥じぬ、シラーっとした、実に良い表情をする。かわいいね


一旦街に戻れってんで戻ると、もう1人仲間が出来て、序盤にしてもう4人パーティに膨れ上がった。展開が速い。
ロードス島戦記戦闘画面
そんで4人して、娘をさらったゴブリン退治をしたのだけど、パーティ4人中3人魔法使いって、なかなか見ない光景だ。
圧倒的火力差で、ゴブリン一家をせん滅。


1つ目のクエストを終えたところで、初プレイは終了。

感想は、淡々として「地味」
この後、殴る武器。切る武器。突く武器。以上の盛り上がりは来るのだろうか。
もう少しプレイしてみるか?
コメント
この記事へのコメント
非常に懐かしいゲームですね。
私は、海外のpcゲーム派ですが日本のは音楽が非常にこっていますね。何ででしょうか?海外のゲームは、システムがいいですが音楽は小鳥のさえずりかハードロック調が多い気がします。

懐かしいD&Dの形式 元祖RPGをみさせて頂いたお礼におすすめゲームを紹介します。

・DivineDivinity
・sacred gold

DivineDivinityは日本語版あります 音楽とも最高です。作りは古典的で地味ですが、音楽がよい このrpgやったらほかのゲーム出来ませんよ。

SACREDも古典的ですが日本語化が難しい でもはまります。

2012/01/20(金) 22:17 | URL | hiroki #-[ 編集]
ディヴァイン・ディヴィニティ 完全日本語版です。ディヴァイン・ディヴィニティ 2じゃありませんよ↓


今のゲームで物足りなさを感じたらやってみてください。絶対お勧めです。
古臭い感じさせる濃厚なゲームで隠れ良ゲーです。天外のスケールには程遠いですが 1本動ではない一生遊べるゲームですね。
2012/01/20(金) 22:25 | URL | hiroki #-[ 編集]
洋ゲーはXBOX360で体験版を幾つか遊んだ程度の、私にとっては馴染みの薄いものです。

少し調べてみましたが、向こうは自由度が高いのが好まれる傾向にあるのでしょうか。
自由度の高い洋ゲーの一例として、最近ではオブリビオンやMinecraftなどが、ここ日本でもヒットしていますから、私と洋ゲーとの距離も次第に縮まっていくかもしれません。

DivineDivinityですか、覚えておきますね。
2012/01/21(土) 21:03 | URL | マズルカの回廊 #-[ 編集]
お忙しい中、コメント有難うございます。感謝

洋ゲーの面白さは半端じゃないですよ。何が面白いかと言うと、宝箱の中身が変化することです。宝箱の開ける前で一旦セーブをしてひたすら数値が良いものが出るまでロードします。数値が良くても属性が付いてないとスルーします。中には敵を一撃加えると一時的に凍らせる武器がありますのでよく数値を確認して入手します。
いろいろなイベントで手に入れたものも変化して武器防具名は一緒でも中身が違うです。 面白くありませんか?
クリアするのは簡単ですが気に入ったアイテムを入手するのはかなり難です。めちゃ時間がかかるので大変ですが苦労して手に入れた時の爽快さはなんともいえませんね。
2012/01/27(金) 14:06 | URL | hiroki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jungfraujoch.blog33.fc2.com/tb.php/686-e51bc480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。