ゲームレジェンド17 1/2

ここでは、「ゲームレジェンド17 1/2」 に関する記事を紹介しています。
ページをぱらぱら

「これ一部下さい」
はい、100円でーす

「秋葉原制作所で描いてるの見えたから、今日ここに来るんだろうと思って 笑」
見られてましたかー 笑 
ありがとうございます

言われて思い出す。今の方、(制作所の)トイレ行くのに席立った時、視界の隅に、音楽聴きながら原稿描いてる後姿が一瞬映ったっけ。

・・・・・・。

A-10先生でした。
買っていただいて、しばらくたってから知りました。


今回のゲームレジェンドは、私が今まで見た中では最も盛況であったが、先生のサークル参加が、間違いなくそれに一役買っていただろう。

実は「こういう風に描きたい」と、制作所に3冊の同人誌を参考資料として持っていったのだが、その中に先生の作品があったのだ。
実際じっと観察したのは出かける前の家で、制作所では殆ど作業にかかりっきり。取り出してもみたが、先生の本は作業机の横に、大体見えないように積んでいたので、それに気が付いたとは思えない。

午後、会場の出入りが少し落ち着いた頃、A-10先生のサークルに赴く。
2冊の同人誌を買い、その折、さっきのお礼と、先生の本を傍らに作業していた事実を手短に伝える。先生は照れくさそうに笑ってくれた。


今回のイベント用に出された本。グランディアの面々、ルシアにジョゼット、ティタニューム。素晴らしい。ティタは今回で2回目ですね。私も一番良デザインキャラと思います。ティタ超かわいい。
そして、いつか先生にもレイラを描いていただける日が来るくらいに、もっと『アステリアのレイラ』を盛り上げなければと熱くなる。


初めて観た時、「引くぐらい巧い」と感嘆した。以来、参考にと頻繁に開いている同人誌や単行本。その作家さんに私が描いたものを買ってもらえ、声までかけてもらえた驚喜と一連の偶然。今回の事は、これから何度も思い返すことになるだろう。

A-10先生、ありがとうございました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jungfraujoch.blog33.fc2.com/tb.php/757-035275f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック