コミケの%、カップリング

ここでは、「コミケの%、カップリング」 に関する記事を紹介しています。
<コミケの%>
C78(2010年の夏コミ)の調査報告によると・・・

男性は、サークル参加が34.8%、一般が64.4%。
女性は、サークル参加が65.2%、一般が35.6%。

やはり女性は、描き手側に回る人が多いようだ。
男性と真逆の割合になっている。

年齢は、サークル参加、一般参加、男女問わず20~30代が多く、平均年齢は28.8才~31.6才
大学やら専門卒業して何年か経った大人が中心なのか。

成年向作品発行率は、男32%、女37%、合計35%。
エロの祭典の印象が強いが、実際成人向けは全体の1/3に過ぎないのであった。

参考:http://www.comiket.co.jp/info-a/C81/C81Ctlg35AnqReprot.pdf


<天外Ⅱのカップリング>
コミケの事を調べてると、よく「カップリング」という単語を目にする。
スペースの前でカップリング批判をしてはならぬ、とか。
主に女性向けとか、あとは何でもアリで大勢の東方とか?の世界の話だから、自分は殆ど無関係だろう。

と、ここまで書いて思ったが、コレ天外Ⅱでもありえる話だな。
今でも天外Ⅱ描いてる人は、女性が殆ど。
殆どっていうか、男で天外Ⅱのドージンやってるのなんて、私独りくらいだよ。
『銀河お嬢様伝説ユナ』等の露骨な男性狙いの作品以外、つまり普通のレトロゲーだと、女性の描き手が多いのはよくある傾向。
理由は、↑の%の話でも出た、女性の方が描き手に回り易いのと、男性より長く作品の世界観に浸り続け、同士との繋がりを喜びとするから、ではなかろうか。

・・・で、pixivとか見てもらえると分かるが、女性が描いたものは、BL(腐女子向け)モノが少なくない。
卍×カブキとか、カブキ×菊五郎とか。
(A×B ←この場合Aが攻め、Bが受け)
自分は女性向けは守備範囲外でマトモに見たことないから、探せば極楽×卍もあるかもしんない。

でも流石に天外Ⅱのドージン世界なんて猫の額で、卍×カブキ派とカブキ×卍派がケンカなんてしないよなー?
一緒に楽しくやってるんじゃないのかな。


<天外Ⅱのカップリングその2>
自分にはBL属性も百合属性も無い。(ギャグならOK。ゆるゆりとか)

カップリングは同性愛だけでなく、異性愛の場合も使うようで、自分の場合はノマカプ(ノーマルカップリングの略)専門という事になる。
で、描くのは

卍×絹、卍×はまぐり姫、卍×花火、卍×まつり、卍×みこし
絹×卍、はまぐり姫×卍、花火×卍

の8パターンかな。手広くやってるねー。
C85の新刊は、卍×まつりメイン予定です。

手広いが、絹がゲームキャラで一番好きだと言うくらいだから、

卍×絹 あるいは 絹×卍

党員と言えなくもない。
卍×絹党員の私のサークルスペース前で、「まんきぬはないわー」とのたまう輩が、果たしてこの先現れるであろうか・・・?乞うご期待。


<オトメディウスのカップリング>
マジメに考えた事ねー。
Co-opで、色んなキャラの組み合わせが生まれるゲームだからだろうか。

亜乃亜×エリュー、ポイニー×エスメ、ティタ×マドカ、ティタ×亜乃亜、ジオール×エスメ、エリュー×ポイニー×エスメ・・・

公式だと上記の組み合わせが考えられる。攻め受けの順序は適当。

自分の場合は・・・
ティタ×それ以外
エスメ×それ以外

どーでもいいわ 笑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jungfraujoch.blog33.fc2.com/tb.php/836-d9ef6cc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック