ドラッケンの魅力

ここでは、「ドラッケンの魅力」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ドラッケン』

参考:http://www.gamespark.jp/article/2012/04/01/32697.html

外人によるSFC版ドラッケンのレビューを引用

それが一体何なのか全く理解出来ないモンスター、洗脳されそうなBGM、ボタンすら押さずに終了する戦闘、情緒不安定なキャラクター達と最悪のエンディング。この悪夢の様な移植にコアなファンもいるらしいが正気の沙汰とは思えない。

私が以前書いた記事:http://jungfraujoch.blog33.fc2.com/blog-entry-736.html

上の外人のレビューは的を得ている。
ドラッケンは、明らかに変なゲームである。
狙って作ったバカゲーの類ではなく、天然系の、過去に出たRPGの一切を知らない人が作ったRPGという感じの奇ゲーである。

私は割とマジメに好きなんだなこれが。
寂しげなBGMを聞きながら、茫漠たる緑の大地に独りたたずむ。(正確には4人だが)
世界に自分だけしか存在しないような静寂さ。

女神転生シリーズの中で、FCの女神転生Ⅱが一番気に入っている大きな理由として、その世界観、退廃した東京を歩む圧倒的孤独感、がある。

ドラッケンも同様の理由から、好きなんだと思う。


『星をみるひと』

FC時代に出た、広くクソゲーとして知られているRPGである。

ニコニコなどのコメントを見ていて、良くも悪くもカルト人気のあるゲームなんだなあと、冷め気味に感じた。
でも『星をみるひと』っていうタイトルは、センスあると思う。

☆をみるひと
って書くと、急に幼女向けゲームみたいになる。
吉田戦車の漫画に、似たようなのがあったな。
パリーグを平仮名で書くとかわいいよ、的なの。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jungfraujoch.blog33.fc2.com/tb.php/839-26709448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。