ウィッチクラフトワークス

ここでは、「ウィッチクラフトワークス」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィッチクワフトワークス全巻
私は商業漫画を殆ど読まない。
雑誌も見ないから、今何がやってて何が面白いのかとか、まるで知らない。
読むのは専ら同人誌で、同人誌を通じて元ネタの存在を知るのが平常だ。

去年、私が影響受けてる作家さん2名が、『ウィッチクラフトワークス』なる漫画の同人を出した。
どうも、『あずまんが大王』の榊さんみたいな娘が出てくる漫画らしい。
絶滅危惧種を飼い猫化するエピソードに目をつぶれば、榊さんは今でも好きなヒロインだ。
それにオネショタ傾向も期待できそう。
という事でウィッチクラフトワークスは、やや気になる存在として時折脳裏に浮かぶようになった。

そして今年になって、ウィッチクラフトワークスのアニメが始まった。
アニメは年に数本観る程度。
大体は放送終了後にまとめて観る程度の熱意の無さ。
なのに珍しく1~3話までリアルタイムで追いかけた。

重要なライバルキャラみたいな娘が一度に大量に出てくるもんで、死に急いでる様な駆け足の速さと勿体無さを感じた。
魔法やらバトルやらは今の私の琴線には触れないものの、細々とした描き込みに感心で、ヒロインの榊さんは予想通り好みのタイプであった。
このまま彼女見たさに最終話まで追いかけることになりそうだ。
(ホントの名前は火々理(かがり)さんていうんだが、同人の時点では、最初読み方分からず。
誰もが読めて、それでいて個性やセンスある名付けの難しさを感じた)
もう少しだけ表情や仕草にデレが現れるとなお嬉しい。
そう思うのは、自分にクーデレ属性がまだ具わってないためか。

私の影響受けてる作家さん2名は、アニメ化以前の原作の時点で同人を描いている。
あのお二方に描かせるとは、原作漫画にも相当魅力があるに違いない。
そう思い、今日書店で出てる分6巻までまとめ買いしてきた。
のんびり読ませていただきます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jungfraujoch.blog33.fc2.com/tb.php/871-60040de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。