Xbox360 オトメディウスG

ここでは、「Xbox360 オトメディウスG」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『オトメディウスG』Co-op、エスメとティタで、難易度Normal5周目完走を達成した。
Justinに録画も残せて満足。

後は、今常連層の仲間たちと協力して準備しているCo-op Normal2周目攻略参考動画が完成すれば、オトメ事情は一段落というところかな。
水曜の夕方頃から、実質約半年ぶりに箱○に復帰しました。
東京に戻ってきたのです。まぁ来週になったら、また出かける用事あるんですが、とにかく今週はいます。

久しぶりに仲間達と再会して、独りで喋りまくってたら、相手に全く聞こえてなかったという。
少し調整した後、LさんNさんと喋り、その他何人かとメッセのやり取りもした。


今日のカオス部屋

・私のティタ
・亜乃えもん(エモンの格好した亜乃亜)
・ティタ亜乃亜(亜乃亜の格好したティタ)←レアキャラ
の部屋にて

「マズルカさんの名前って、やっぱり女神転生が由来なんですか」
「女神転生ったら、『ネコマタ』ですよね。あれで何かが狂ったような気がします」
そこへ3人目の方が調子の悪いマイクを付けて合流しようとしたところ、電波が乱れ、会話がモールス信号状態に。
腹筋に悪すぎ、アレキで終了。


私にとってオトメは、コミュニケーションツールとしての側面が強く、北は北海道、南は福岡と(現時点)、ゲームを通して日本各地のディープでユニークな人々と交流できるのが、何よりも楽しい。
勿論ゲーム自体が面白いから、こうして何年もプレイし続けているわけだけど。


今週土曜には、久々に野良Co-op祭りが開催されます。
GのCo-opは確定として、二部構成で、早い時間帯1時間だけXのCo-opをやろうとか、協議中です。木曜には決まります。
詳細は惑星サードにて↓
http://titahoehoe.dokkoisho.com/

gdgd妖精s(ぐだぐだふぇありーず)ってアニメが面白い。

主人公の一人に、コロコロっていう、シラーっとしたキャラがいる。
この手のタイプは最強キャラって位置付けが普通で、コロコロも例に漏れずそんなオーラを発しているのだが、実はスペックが低い。それが何か新鮮で、かわいいと思ったりもする。

ティタも牛乳飲んだら腹下すくらいの弱みがあった方が、もっと人気出るんじゃなかろうか。
そう考えて、「あれ?」とひっかかる。
ウェーブ頼みの機体性能。「帰りたい」「眠い」「腹減った」が決まり文句。
何だ、ティタは既にコロコロだったよ。
だりぃ
オトメディウスX(ばってん)のDLCに、RBゴーファー(ふぎん)のゲーマーアイコンが追加されました。
価格は0ゲイツとなっております。

RBゴーファーアイコン200


アイコン作成



自作アイコンその2


ご意見ありがとうございます。
LBゴーファー(むにん)のアイコンはどうした?とのことですが、
描いた人「むに強いから好きじゃない。ゲーセン時から落とされまくった」
よって追加されません。ご了承下さい。
『VX SA』の三和パーツを、セイミツパーツに換装するぞ!


<参考>
http://p.tl/y1mF
http://p.tl/0BAr


<セイミツパーツ>
セイミツ換装1
<レバー>
①ジョイスティック LS-32-01 (LB-35 白) ¥1,300
②クリアレバーボール 35φ LB-39 スモーク ¥170

<ボタン>
③PS-14-KN グリーン/レッド/ブルー/イエロー ¥230×4
④PS-14-KN クリア ¥230×4
⑤PS-14-D-N 同色 白 ¥140

運賃+代引き手数料込み、合計金額 ¥4,830


<工具>
セイミツ換装2
購入先:100均
①#2 プラスドライバー ¥105
②6mm マイナスドライバー ¥157

購入先:ハンズ
③M4(ピッチ0.7mm) タップ ¥330
④M3-6 タップホルダー ¥1023
⑤タップ・ドリルオイル ¥504

合計金額 ¥2,119


<作業工程>
セイミツ換装3
まず底板を外す。メーカー保証の対象外となってしまうが、止むを得ない。

スタートボタンから配線を引き抜く作業。・・・引き抜けない!
慎重に慎重に、やっと引き抜いて、次はスタートボタンを外す作業。・・・外れない!異常に固い!!
「何だよコレ!」とか力みながら、苦心してよーやくボタンが外れた。ヤケを起こして雑にやってはパーツを壊してしまうし、かといって力まないと外れないしで、容易じゃない。

続いて、外した三和・スタートボタンに代わって、セイミツ・スタートボタンを取り付ける作業。
こちらも例に漏れず、ネジをしっかり締めるのに結構な力を要し、指を痛めながらに、どうにか取り付け。


セイミツ換装4
4つ目のボタン辺りで徐々にコツを掴んで、1時間半ほどかけて、9個のボタン全てをセイミツの物に取り替えた。
慎重にやったつもりでも、外したボタンに少々の痛みは出てしまった。
指の痛みと空腹の回復を計るため、ここで一旦小休止。


セイミツ換装5
食事を済ませたら、今度はレバーの付け替えだ。
今回作業するに当たって、最も不安だった、タップでねじ山を作るところ。
オイルを垂らして、ゆっくり・・・と回す。間違えて天板まで貫かないように、ちょこちょこ確認。


セイミツ換装6
ねじ山作りを終えて、「ホントに大丈夫なのか?」と怪しみつつ、セイミツのレバーにねじを入れる。
すんなり回っていくねじ、どうやら問題なかったようだ。
これでボタンとレバーの換装、完了!


<新たなる『VX SA』>
VX-SA 購入
こちらは換装前の、ノーマル『VX SA』のお姿。


セイミツ換装7
そしてこちらが、セイミツパーツに換装して生まれ変わった、NEW『VX SA』(私専用オトメ棒)。
スタートボタンの色、レバーボールに合わせて、黒でも良かったね。
作業時間は約2時間半。パーツ・工具の材料費の合計金額は¥6,949。

これで操作面でのかなりの強化が図れたハズで、予想以上に掛かった経費にも、文句など言わぬ!
テストして、一応動作に問題ないことも確認した。
いよいよ始まるぜ、オトメの第二章が!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。